タイの旧正月!水掛け祭りソンクラーンを朝から晩まで楽しむ方法①準備編

こんにちはϵ( ‘Θ’ )϶イコです!

今、タイは旧正月で盛り上がっています!

タイの旧正月の恒例行事といえば、

”水掛祭り!!!”

ソンクラーンという祭り名で有名ですね♩

小さなエリアから大きなエリアまで、タイのいろんな地域でソンクラーンは開催されています。

私達は、この日に合わせて東南アジアのルートを考えていました!それほど楽しみにしていたお祭りです。

実際に行ってみてどうだったかをシェアしていきます(^ ^)

 

ソンクラーンは朝は準備を、昼から全力で楽しもう!

準備って何??

オシャレしてお化粧バッチリとか!?!?!?

私も少しでも写真映えするように頑張りたいところですが、、、

ソンクラーンにオシャレはまっっったくもって無意味です!!!笑

これは個人の感想だからみんなはどうかわからないけど、絶対無意味!!!笑だと思う。避けようのない大量の水を顔めがけてぶっ掛けられるから( ・∇・)!!

じゃあ何をするかと言うと、

楽しむための道具の買い出し!

です。

これがまた楽しい!いろんな種類がありすぎて迷うー!!私達も、あーでもない、こーでもないと言いながら準備を楽しみました(^ ^)

ソンクラーンを全力で楽しむ為の買い物リスト

ソンクラーンにリュックやバックはっきり言って邪魔でしかない!最小限で絶対必要なものだけを持っていきたいですよね。

私達が選んだ必需品をご紹介します。

  1. 水鉄砲(Water gun)
  2. ゴーグル
  3. 携帯ケース
  4. ポケット大きめのショーパン(着て行く用)
  5. 手ぬぐい
  6. お金

私達が実際に持って行ったものはこちらです!

水鉄砲

種類はとにかく豊富です。

サイズで言うと

  • SS→全然水圧なし、3歳児くらいの子供用

 

  • S→水圧全然なし、の割に値段も200バーツ超えと微妙。

 

  • M→水圧そこそこ。タンクに水を入れた時の重さもちょうどいい。

女子は結構十分なサイズ(私が実際に使ったサイズ)青

 

  • L→水圧は強め。タンクに水入れた時の重さは男性向け(トモが実際に使用したサイズ)緑

 

  • LL→水圧強め。タンクに水入れた時の重さはかなり重い(はしゃぎたい用)

 

 

選び方はタンクができるだけ大きいものを選ぶこと!

でもタンクが大きいと値段も張ります( ´Д`)y

 

私達がエアビーでレンタルしている家の最寄り駅が、BTSオンヌット駅なので、その周辺の駅やデパート、実際ソンクラーンでも売っている全てを比較すると

  • 駅は値段が全て高い
  • デパートは値段は安いけど、当日だと大きいサイズが売り切れている
  • BTSサラデーン駅のソンクラーンはどれも高い!(緑サイズ499バーツ)←ケータイケース付
  • カオサン通りのソンクラーンは夕方から値切ることができて安かった!(350バーツ→300バーツ)

ソンクラーンの場所によって値段が200バーツも違うもじゃないか( ;∀;)

しかもトモの場合は、昼サラデーン駅で買った高い方(499バーツ)が夕方には急に水が出なくなり壊れて破棄。

その後、夜購入した安い方(300バーツ)は頑丈だった!これはもう運ですね。笑

ゴーグル

これは絶対必要です!!目に水が直撃するので痛い!水もきっとキレイな水ではないから、充血する人もいたので。夜までソンクラーンにいる予定の人は視界が悪くなるので、ピンクグラスではなく透明のグラスをオススメします!

一個40バーツでデパート内の出店で買いました。駅でゴーグル見たら55バーツだった。

携帯ケース

携帯ケースは左の留め具がプラスチックの物をオススメします。左は海に潜っても飛び込みをしても水は侵入してきません!

しかしデメリットもあって、物を入れすぎたり、通常付けている携帯ケースのまま防水ケースに入れると破れます。

実際にトモがこちらも数時間で壊しました。

ほら、横がパックリ裂けてる!!

105バーツさよなら〜

ポケット大きめのバギーショーパン

ま、これはお好きなパンツで構いませんが、なんてったってビッショビショに濡れるので短パンにポケット大きめ深めの方が大事な物も無くさず楽です。ちなみに私はパタゴニアのバギーズショーツがオススメ!!

軽くて、速乾性があって、ポケットも大きいし深い!完璧です。

ちょっとお値段は張りますが、長ーーーーーく使えて、カラーが豊富♡

世界一周でも愛用中♪( ´▽`)

手ぬぐい

こちらも、コンパクトにもなるし、首にかける事もできるし、速乾性抜群で、ギューって絞ればほぼ乾いてる!

昼の移動が暑かったら日よけにもなるし、帰りが電車移動の人は寒いからストールみたいに使えるし、椅子に座ったとしても、手ぬぐいで拭けば後の人にも迷惑はかからない(^ ^)

日本ならどこにでも売ってるから是非ご持参を♩

お金

お金はこうやってしっかり100金ケース+ジップロックに入れて防水!スリ防止のために、大きな財布じゃなくて、小銭入れに札も入れること。

私達が2人で1日使ったお金は

  • 水鉄砲 M239バーツL499バーツ300バーツ
  • サングラス 80バーツ
  • 水鉄砲の水 一回5バーツ×10回 50バーツ
  • 昼ご飯(デパート内)120バーツ、休憩ビール170バーツ、夜ご飯580バーツ
  • 電車代 オンヌット駅〜サラデーン駅往復 176バーツ、船 30バーツ、MRT電車36バーツ

計2280バーツ

一人だと1200バーツ程で楽しめました(^ ^)多分、節約すればもっと抑えれると思うけど、私達はソンクラーンのはしごがしたかったので移動費も高くなっちゃった( ・∇・)

その他、あると便利そうな物は、

  • 耳栓(顔めがけて水掛けられ耳に直撃!下手したら鼓膜が危ない!)
  • 水着(脱ぎはしませんでしたが、服の下に着てました)
  • ゴープロ(完全防水なので思い出作りに結構使えます)

次回の記事では、実際にソンクラーンの水掛け模様もシェアします♪

タイの旧正月!水掛け祭りソンクラーンを朝から晩まで楽しむ方法②サラデーン駅シーロムエリア編

2019年4月14日

タイの旧正月!水掛け祭りソンクラーンを朝から晩まで楽しむ方法③カオサンロード編

2019年4月15日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA