ラオス飯 バンビエンで必ず食べて欲しい焼肉鍋!美味しいと評判のお店を2店舗比較

鍋

こんにちはϵ( ‘Θ’ )϶イコです!

ラオスと言えば、ラープヌードルカオチーサイクワン

美味しい有名どころが沢山あります!

その中でも、私達が初めて食べて美味しい!と思った焼肉鍋をシェアします♩

現地の方にオススメされた2店舗の味を比較してみました!!

焼肉鍋Best Restaurant

まず1店舗目はローカル感たっぷりのBest Restaurant!!家お店がわかりずらいので、現地のオススメされた方に、あの青い看板のピザ屋の向かいだよ!と教えてもらいました。

ピザ屋の看板は目立つのでよく分かりました。
家

外観は全く派手ではないです。メニューもシンプルで何と書いてあるか全然わかりません。

おまけに店員さんは英語まっったく通じません!!

さあ、どうしようか。笑

とりあえず、メニューの見た目で判断。量もどのくらいかわからなかったので真ん中のGrilled Stre Aky Porkとやらを一品だけ頼みました。メニュードリンクはもちろんビアラオ!!メニューいつものように指差し注文。

出てきたのは丸いドーナツ型の鍋。その中に出汁が流し込まれます。鍋薬味が、とんでもない量のニンニク!!唐辛子!!日本だと口臭アウトレベルです。鍋円の真ん中から油を塗り、お肉をのせていくシステムのようです。鍋一連の流れを全て店員さんがやってくれたので私達は出来上がるのを待つだけでした。

Best Restaurantのお味

出汁が効いてて美味しい!!お肉は薄いけど、海外クオリティーだったら許せる範囲。

ドーナツ型の部分には野菜がてんこ盛りです!!

美味しくてビールの後にご飯(スティッキーライス)も注文してお腹いっぱいになりました。もち米は腹にたまります。

もしビールを飲まない方だったら、鍋の具材を一品足すのもありだと思います。

食いしん坊な私達でも一人一人前(一品)ずつ頼むと満腹になれます。

とにかく出汁が良かった!!!

焼肉鍋PEEPINGSOM’S

お次は、店舗も賑やか煌びやかなPEEPINGSOM’S!!店外観から人気店の風貌をかもちだしています。韓国のテレビで放送されたのか、韓国俳優さんのサインやテレビ映像が流れていて、店内は韓国人だらけです!!店店員さんの人数も多く英語が通じるスタッフもちらほら。

今日はビーフとポーク二品注文しました。PEEPINGSOM’Sはチヂミや麺類、サイドメニューも充実していました。ご飯量はBest Restaurantと変わらない感じ。ですが、肉厚がこちらの方が厚め!!

もう食べ方は熟知したので自分達でやることに♩

一気に全部詰め込むと結構ボリューミー!!!鍋

PEEPINGSOM’Sのお味

出汁感が若干効いてない感じがした。

タレの味、薬味はBest Restaurantとまったく一緒でした!

食べているとやっぱりこっちの方が量が多い気がする。というか、鍋は一品で、サイドメニューを頼むのがベストかも。

おまけにもう1つ!オススメ屋台鍋紹介

焼肉鍋と似ていますが、バンビエンのナイトマーケットの通り近くに屋台鍋を発見し、バンビエンで出会った友達と4人で食べにいきました。シメの雑炊まで楽しめるローカル屋台鍋をご紹介します。

ローカル屋台鍋の場所

地図なんてったって屋台なので名前がわからない!お店の近くにはcafe Amazonがあります。その付近の道を少し入るとざっくばらんに低めのテーブルと椅子が並べられているお店が屋台鍋です。星マークあたりにお店がありました。

雰囲気はこんな感じ♩テーブルと椅子が沢山あって結構広いので分かりやすいです。鍋テーブルの真ん中に穴が空いていて、そこに鍋を埋め込む式になっています。鍋鍋のセットは野菜にお肉に春雨に卵鍋タレは焼肉鍋と同じ味のタレでした!鍋卵は締めの雑炊のためにとっておきました。鍋

お米を頼むと、うちにはないから、隣の屋台で買ってきてとのこと。なんて商売っ気のない国民性なんだ。笑

お値段もローカル屋台なので激安です!

私は、日本食に飢えていたせいか、焼肉鍋より、締めの雑炊がある屋台鍋が1番感動的に美味しく感じました( ;∀;)♡

まとめ

品数が多いという点ではPEEPINGSOM’S

スープの出汁がしっかりしていたのはBest Restaurant

焼肉鍋の値段は2店舗とも同じでした!!!

どちらも大きな味の違いはありませんでしたが、私がまた行きたいな〜と思う方は

Best Restaurantだと思いました!!

大人数でワイワイしたい方には、断然PEEPINGSOM’Sの方がオススメです♪( ´▽`)

是非バンビエンで焼肉鍋食べてみてください♩

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 maiko iizuka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA