まさかのオーストラリアのワーホリビザ申請却下!?〜申請ミスに注意!!〜

オーストラリアのワーホリビザ取得は、比較的難易度は低く、健康診断なしでインターネットから簡単に申請が出来ます。

特に私はファーストビザの取得という点と、ちょっと面倒なニュージーランドのワーホリ申請も簡単にクリアできたという余裕もあったせいか、オーストラリアのワーホリファーストビザの申請は超簡単!という噂を鵜呑みにして、下調べをせずに申請をした結果まさかのビザがおりないという危機に陥ってしまいました。

ワーホリビザ申請で気を付けることは?

申請手順を簡単に説明すると、まず自分のイミグレアカウントを作成します。

作成時の自分のUsernameとPasswordは、イミグレアカウントフォームで申請の進行状態の確認ができます。

※ここで登録したUsernameとPasswordは絶対に忘れないように!イレギュラーな事が発生した時、ログイン出来ずに進行状況を見逃してしまいます!

イミグレアカウント作成後、申請フォームに移ります。

  1. 申請するビザの種類
  2. オーストラリアの生活についての注意書きの同意
  3. 個人情報入力(名前、性別、パスポートナンバー、ete…)
  4. 個人情報入力確認
  5. 自分の職業と最終学歴
  6. 住所と電話番号(※ココにも注意!【Communicating with you】のEmailaddressは、申請の返信メールやビザ関連の書類PDFが送られてくるのでパソコンのメール受信用のアドレスを必ず記入!!)
  7. 健康に関する質問 YES or NO
  8. 人格に関する質問(犯罪、逮捕歴、不法滞在、ete…) YES or NO
  9. 情報の確認、正確性に関する宣言  YES or NO
  10. 申請料の支払いの手続き(申請料は結果がどうであれ必ず支払います)450ドル2019年1月現在

最終確認は3回以上見返します

  • マイアカウントパスワードは覚えているか
  • 申請返信用アドレスは記入したか
  • アドレスはすべて間違えていないか
  • YES or NOクエスチョンはページごとにべてYES、すべてNOにしているか

詳しい申請の仕方はこちらから↓↓↓

以上がすべての項目になります。ビザ申請後、移民局から自分の登録したメールアドレスに受け付けましたというPDFが届きます。※この時点ではまだ申請はおりていません。

そして何も問題が無ければ大体、数分から一週間以内にもう一度移民局からこのようなPDF付きの連絡がきます。

 

私はここで、何分待っても、1週間待ってもメールが届きませんでした。

何故メールが届かない!?その理由は!?

健康に関する質問でYESがあったから!

基本、健康に関する質問項目でYESがあった場合、健康診断が必要になります。

必ず、NO でなければいけません!でも嘘はつけませんがϵ( ‘Θ’ )϶

そんなの知らないよ〜( ;∀;)

私がYESにしたのは、

過去5年以内で、日本以外に3ヶ月連続で滞在していたか?(オーストラリア以外で)

という項目。

私は申請前に、語学留学で3ヶ月弱フィリピンに滞在していました。何が悔しいかって、3ヶ月滞在していないのにYESにしてしまったこと( ´Д`)y━・~~

この一つのYESが命取りになるとは知らずに何も考えずに、だいたい3ヶ月居たよな〜?ってゆう感覚でYESにしました。ホントただのアホ。そして私には時間がない!もう日本を出発する日は明後日( ;∀;)

どんな理由があろうとも健康診断を受けなければ、申請は大体1ヶ月後には却下されます。申請代の36,793円は戻ってこない〜!

健康診断が必要って何でわかったの!?健康診断はどうするの!?

イミグレアカウントに表示されていたにも関わらず、私は英語がわからないので進行状態をスルーしていました。

健康診断を受ける手順は、

自分のイミグレアカウントから申請をかけます。

このActionsの部分のHealth assessment(健康評価)を選択すると、健康診断を完了する必要があります。以下のリンクをクリックして健康診断を行って下さい。

と表示されます。

クリックすると、健康診断フォームをチェックするページに飛びます。YES or NOクエスチョンですが、ここでは全てNOでなければ申請は出来ません。

そして最後にClient declaration(クライアントの宣言)にチェックを入れてSubmitを押して、医療情報提出となります。するとメールでHAP IDという番号が送られてきます。

この番号に自分が何の健康診断が必要かすべての情報が入っています。Print Referral Letterを押してPDFを2枚コピーしてオーストラリアと提携している病院に健康診断の予約して持って行きましょう。

※この2ページを印刷できないという方もたまにいるので、その時は健康診断予約時に、HAP番号が印刷できなかった旨と、自分のHAP番号を伝えると病院側で印刷して準備してもらえます。

当日の持ち物

  • パスポート
  • HAP番号(2枚の用紙)
  • 現金orクレジットカード(診察料13,000〜15,000円程度)

オーストラリアワーホリ提携病院の確認はこちらから↓↓↓

https://immi.homeaffairs.gov.au/help-support/contact-us/offices-and-locations/list

経験上、数秒で移民局からの返信が無ければ何か問題があると考えていいかと思います。こまめに自分のイミグレアカウントから進行状態をチェックしておきましょう。

私の決定的なミス

  • 日本に一時帰国中の短い期間に申請した
  • 健康診断のメッセージに気付かなかった
  • 世界一周のバンコク行きの2日前にメッセージを読み、慌てて病院を予約するも、予約が埋まっていて健康診断を受ける事ができなかった

 

という凡ミスです。

私のような事にはならない為にも、ある程度余裕を持って申請をすることをおすすめします。万が一健康診断の要求があったとしても時間とお金が解決してくれます!笑 時間だけは取り戻せませんからね( ;∀;)

しかーし!!!

私はある方法で、オーストラリアのワーホリビザを取得する事ができました!

諦めなくて良かった〜♪( ´▽`)

 

オーストラリアのワーホリビザ取得できないとどうなる!?

2019年3月27日

オーストラリア のワーホリビザ健康診断を海外で受けてみた!!

2019年3月28日

オーストラリア のワーホリビザ健康診断〜海外の提携病院の探し方!!〜

2019年3月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA